ヘアカラーで色落ちを防ぐ方法

便利なシャンプータイプのヘアカラー

ヘアカラーは自宅で行う人も多いですが、髪を染めるとなると衣服を汚さないようケープを用意したり、手袋をはめたり、髪をブロッキングするのに手間がかかってしまうものです。

 

そして肌には刺激もありますので、クリームを塗っておくなどの準備も必要です。

 

できることなら余計な手間なく気軽に染めたいと考える人も多いのではないでしょうか。

 

そういった場合はシャンプータイプのヘアカラーもおすすめです。

 

これはシャンプーに染料が入っているもので、毎日いつものように洗髪するだけで髪を染めていけるというものです。

 

いつものシャンプーと同じように使いますので、特別な準備も必要ありません。

 

すぐにしっかり染まるのではありませんが、毎日続けることでだんだんと白髪が目立たなくなっていきます。

 

洗髪するだけで良いので、忙しい人にも取り入れやすいのではないでしょうか。

 

そして、シャンプータイプの場合は髪にやさしく、髪、頭皮に負担がなく染められるのもメリットです。

 

素手で触れるほどやさしいものですので、肌の敏感な人、髪が傷みやすいという人にも気軽の染められるのではないでしょうか。

 

トリートメントタイプの染料も用意されていますので、一緒に利用すればよりしっかりと染めることができますし、ダメージケアも同時に行うことができます。

 

お風呂場が汚れるのではという心配もありませんが、シャンプータイプの場合はそれほど強い染料は使われていませんので、お湯で手軽に洗い流すこともできます。


ヘアカラーはトリートメントタイプの商品がベストです

髪の毛を染める時にヘアカラーを使う人が多いですが、髪の毛が傷んでしまうため、あまり頻繁に使用しないほうがいいのも事実です。

 

とはいっても、特に白髪を染めるためにヘアカラー剤を使っている人にとっては、髪が傷むとわかっていても、頻繁に使わざるを得ません。

 

しょっちゅう白髪を染めているから、髪の毛のボリュームが減ってきたとか、以前よりもパサパサ感が増したと感じて悩んでしまうケースも多いです。

 

ヘアカラーによる髪の悩みを抱えている場合は、やはりトリートメントタイプの商品を使って髪の毛を染めるようにしたほうがいいかもしれません。

 

トリートメントタイプの商品であれば、頻繁に白髪を染めても髪が傷むことはありませんし、むしろヘアカラートリートメントを使うたびに髪が美しくなっていきますから、得られるメリットも多いです。

 

おすすめのトリートメントは、利尻ヘアカラートリートメント評判が良いので要チェックです。

 

一昔前まではブラックかダークブラウンしか販売していないメーカーが多かったのですが、最近はレッドやパープル、オレンジ、ブルーといったさまざまな色のヘアカラートリートメントを販売しているメーカーも増えてきているので、おしゃれな髪を楽しみたい人にもぴったりです。

 

シャンプーをした後に普通のトリートメントを使うような感覚で髪に塗っていき、数分経ったら洗い流すだけで髪が染まります。

 

手間もほとんどかかりませんので、市販のヘアカラーや白髪染めを使うよりも楽です。

 

最近の商品は色持ちも良いですから、是非試していただきたいです。


ヘアカラーの色落ちを防ぐ方法

ヘアカラーは、時間の経過と共に褪色してしまうものです。そうなると髪全体の色が変わってしまいますし、毛先が黄色っぽくなることもあります。

 

ヘアカラーの色落ちを防ぐには、毎日の心がけや、今までの行動を少しだけ見直す必要があります。

 

まずは、シャンプーの見直しです。

 

シャンプーの中には、高級アルコール系を使っているものなど、洗浄力がとても強いものがあります。

 

カラーリングを施した髪に、洗浄力の強いシャンプーを使うと色落ちの原因になりますので、別のシャンプーにしたほうがいいでしょう。

 

具体的には、主成分がアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

 

また、毛髪補修剤を多く含み、pHが急に変わらないようにpH調整剤を使っているシャンプーが適しています。また、洗髪時には、できるだけぬるま湯を使うようにしましょう。

 

38℃程度のぬるま湯が理想的です。熱いお湯で頭髪をすすぐと、気づかないうちに色落ちがどんどん進行していきます。

 

また、温泉の成分や、海水は髪を傷めやすいので、ヘアカラーにとっても大敵です。

 

温泉に行く時や、海に入る時は、髪をまとめて結うなどして、髪を濡らさないように注意しましょう。

 

プールの水には消毒薬として塩素が含まれていますので、やはり色落ちの原因になります。

 

この他、ヘアカラーの色選択でも、色落ちがしやすいかどうかが決まります。アッシュ系や、マット系の色は黄ばみやすく、色落ちがしやすいカラーです。

 

赤系は色が抜けにくいので、カッパーブラウンや、ピンク系のヘアカラーにするのもいい方法です。


2016年に流行するヘアカラー

2016年に流行するヘアカラーには、肌に透明感を与えるヌーディーベージュ、外国人のような雰囲気になれるグレージュ、そして2015年の秋冬から引き続き流行中のシアモーブなどがあります。

 

1つ目のヌーディーベージュですが、ヌーディーとは素肌感のある色のことで、肌の色に近いヘアカラーを意味します。

 

特にヌーディーベージュは女性らしい雰囲気を演出してくれる色です。失敗の少ない色なので、色選びに悩んだ時などに選ぶのもいいでしょう。

 

明るめの色ですが、髪の傷みがそれほど目立ちませんので、色々な服と合わせられるヘアカラーです。2つ目のグレージュは、グレーと、ベージュの中間色です。

 

透明感のある色味が特徴的で、暗めのヘアカラーでも、グレージュならおしゃれに見えます。

 

また、好きな色をちょっとだけプラスすることで、自分好みの色をつくることも魅力です。ロングヘアでも重く見えず、可愛らしい雰囲気を演出できます。

 

ゆるふわな髪型との相性もいいですし、ショートヘアーをグレージュにするのも素敵です。3つ目のシアモーブは、2015年の秋冬から継続して流行しているカラーです。

 

シアは英語で透明感や透け感があること、モーブはフランス語でゼニアオイを意味し、薄くグレーがかった紫色の花を指しています。

 

つまりシアモーブは、透明感のある、グレーがかった紫のヘアカラーになります。

 

甘くなりすぎず、大人っぽく、かつ女性らしい色という言い方ができるでしょう。

 

アジア系の髪は赤みが強いことが多いため、ヘアカラーは赤系かオレンジ系になることが多いですが、あえてシアモーブの色を乗せることで、外国人のような、透明感のあるヘアになれるわけです。


一般的なヘアカラーと白髪染めの違いを知ろう

自宅で白髪を染めるためには、ドラッグストアやスーパーなどで販売しているヘアカラー商品を用意する必要があります。

 

ヘアケア商品が並んでいるコーナーに行くと、ヘアカラーと表示されている商品と白髪染めという文字が表示されている商品の両方があるはずです。

 

初めて使用する方は一般的なヘアカラー商品を選んでしまいがちですが、白髪を染めるためには白髪染めと書かれている商品を選ばなくてはなりません。

 

単にヘアカラーとして製造されている商品は黒い髪を染める効果はありますが、白くなった髪を美しく染め上げることは難しいのです。

 

その点白髪染めと表示されているタイプなら黒い髪も白い髪も美しく染め上げる作用があるので安心です。

 

黒い部分も白い部分も違和感なく染まるため、仕上がりが自然で美しい髪色になるはずです。

 

ただ白髪は一度染めても一ヶ月が経過する頃には再び根元の白い髪が目立つようになるので、頻繁に使用しなければなりません。一ヶ月に一回染めるとしても髪のダメージが心配でしょう。

 

美しくツヤのある髪を保ちたい方には、トリートメント成分がたっぷり配合された白髪染めが最適です。白髪染めには髪を染める成分と一緒にトリートメント成分を配合していますが、商品によってバランスや成分の配合量が異なります。

 

一つ一つの商品の有効成分をチェックして、髪と頭皮に優しい商品を選びましょう。

 

トリートメントがメインになった白髪染め商品もありますが、このタイプは使っているうちに徐々に髪を染める効果があります。