ヘアカラーで色落ちを防ぐ方法

ヘアカラーをするなら見た目の印象も良くなる黒髪がおすすめ

ヘアカラーはお洒落のためにする人もいれば、年齢を重ねて白髪を隠すためにする方もいます。

 

お洒落でする方のほとんどが茶色系、オレンジ色系などで、カラーで遊びをいれたい人は違う色のメッシュを入れたり、奇抜な緑色や赤色にする人もいます。

 

年齢を重ねて白髪を隠す人も女性である以上、お洒落をしたいという思いから茶色系のカラーにする人がほとんどです。

 

でも茶色系やオレンジ色系などはカラー剤の成分が強いため、頭皮や髪に負担がかかってしまい、髪が痛む原因になります。

 

しかしヘアカラーを黒色にすることによって、頭皮や髪への負担が少なくなるので髪の毛が痛む心配がありません。

 

黒髪は日本人に一番良く似合う色ですので、黒髪にすることによってお顔が小さく見える効果があります。

 

黒色にすることによって茶色よりも髪へのダメージが軽減されるので、特にロングヘア―の方ですとサラサラでとても美しい髪質になります。

 

髪質が良いと、年齢も若く見られますし、きちんと感がでるので初対面の人でも好印象を与えることができます。

 

また、黒髪にすることによって、髪へのダメージが少ないだけではなく、髪が伸びた時に根元がプリンになるのを防ぐことができます。

 

ですから、ずっと綺麗なヘアーを保つことができるのです。

 

ヘアカラーで黒髪にすると、綺麗な髪質になるので気分も上がりますし、見た目の印象も好印象になりますので、これからヘアカラーをする方は是非黒髪にすることをおすすめ致します。