ヘアカラーで色落ちを防ぐ方法

明るめにヘアカラーするならメリットとデメリットを考えましょう

これから夏に向けて、服装も軽やかになり髪の色も明るめにしたいと考えている方も多いでしょう。

 

明るめの色にヘアカラーすると、顔移りがパッと明るくなりますしファッションも今まで似合わなくて着る事のなかった洋服でも着こなすことができるなど沢山のメリットがあります。

 

また、髪の毛が太くて多い方などはヘアカラーで髪の色を明るくすることで軽やかな印象になるのでこれからの季節のぴったりです。

 

ロングヘアーで重たい印象がある方にもおすすめです。

 

しかし、反対にいくつかのデメリットもあります。

 

髪の色を明るめにすることで印象が悪くなることもあります。

 

まじめなのに、遊び人のように見られたりすることもありますし仕事の面接などを受ける際には、不利にはたらくこともありますので注意しましょう。

 

また、髪が伸びてきたときの黒髪とヘアカラーで染めた明るめの髪の境目が目立ってしまうため綺麗な明るい髪の色を保ちたいと思うのなら通常よりもこまめに美容院に通わなければならなくなり、出費も嵩んでしまいます。

 

美容院に行き、ヘアカラーすると出費が嵩むからといって自分でヘアカラーをしてしまう方もいらっしゃいますが明るめの色ですと染まりが悪い場合は色むらができてしまうのであまりおすすめはできません。

 

髪の毛も痛みが激しくなる場合があるので注意が必要です。

 

明るめの色にヘアカラーするなら、メリットとデメリットもよく考えた上で実施することが望ましいでしょう。